blog blog

だからランニングはやめられない! Runtasticユーザーが「走る理由」

2018/11/15

自分が走る理由は、あくまで自分にとっての動機。誰かの走る理由がそのまま自分のモチベーションになるとは限らない。

それに、ランニングを日課にしているなんて、何なんだろう?

ストイック?
負けず嫌い?
プライドが高いんじゃ?
しんどくない?
意味あるの?

走る人は、そんな風に揶揄されることもあるけれど、実際に彼らの話を聞いてみると、本当はそんなにムリしているわけじゃなかったり。

「じゃあなんで走るの?」

では、そこのところをRuntasticユーザーに聞いてみましょう。

走る彼らの言葉を聞けば、あなたの中の走りたい気持ちが、むくむくと頭をもたげてくるかもしれませんよ。

日課

I run because…

#1
「… 僕は感情のジェットコースターが大好きです。最初の2~3キロは『今日はあんまり走る気分じゃないけど』と思ったりしますが、それでも走っているうちにだんだんと『カラダにいいことをしている』というポジティブな気持ちに変化して行きます。ランナーズハイを感じて、その日の残り時間を有意義に楽しく過ごすことができます。」ロジャー(男性)

#2
「… 頭をスッキリさせられるから。音楽を聴きながら、脳のスイッチをオフにして、心配事や悩みをいったん忘れて違う世界に行ける。これが自分にとって『自由』という感覚で、ランニングの後は、また明日も頑張ろうという気になれる。」カーステン(男性)

#3
「… 自由、幸福、満足感を得られるから。リラックスして、夢を思い描きながら走ることがいい充電になる。朝走れば、一日を元気いっぱいでスタートできる。それに、ランニングを通してたくさんの素晴らしい人に出会えるし。自分にとっては唯一の落ち込みから抜け出す方法とも言える。」ミヒャエラ(女性)

ランニング

#4
「… 鳥は飛ぶ、魚は泳ぐ、そして人間は走る。自分にとっていいことだし、頭を空っぽにしてリラックスできる。摂り過ぎたカロリーを消費できるし、限界に挑戦できる。自然の美しさに感嘆できるし、『走れる!』という喜びを感じることができる。走っている時は、カラダのためにいいことをしているという感覚を持てると同時に、日常生活でのネガティブな感情をブロックできる。」 アンドレアス(男性)

#5
「… 自然の中にいるという感覚が好き。そして、朝走ることで精神面と肉体面でエネルギーをいっぱいにして一日をスタートするという感覚が好き! そんな私にとって便利なアプリを開発してくれてありがとう!」ドミニック・ニキ(女性)

#6
「… ストーリーラン(物語の進行に合わせてインターバル走などを行うための『Runtastic』アプリ内コンテンツ)を始めてから、体重が減って健康的な体型をキープできるようになったから! もちろん走ること自体が楽しいから!」シルヴィア(女性)

気分転換

#7
「… 一日中オフィスで座っているので、カラダを動かしたいから。ランニングは簡単に気分転換できる方法。走るだけで頭がスッキリするからすごいと思う。」ニコ(男性)

#8
「… リラックスできて、ほとんど全ての雑念を頭からシャットアウトしてくれるから。自分の好きな音楽を聴く大事な時間。自分の走力が向上する度に『アドレナリンが出てるなー』と感じることができる。毎日を活発に過ごすために欠かせない習慣。ランニングは自分にとって幸福へのチケット。」 アンティエ(男性)

#9
「… 生きているということを生々しく感じられるから! 肺が悲鳴をあげても我慢して頑張り続けると、苦しさを超えて、もっと早く走れたりする! 同時に、平和を感じたり、疎遠になった友達を思い出したりすることもある。感情が新しい強さを与えてくれる。」 シャーレーン・ナタリー(女性)

もはや中毒の領域?
深すぎてついてけない?

むしろ、無性に走りたくなったんじゃありませんか? さあ、今すぐランニングシューズの紐を締めて、ドアから外へ飛び出しましょう。

ワイルドで、ネイチャーで、とびきりクリエイティブなランの世界が、あなたの毎日をきっと豊かに変えてくれますよ!

提供元:Runtastic Blog - Fitness, Nutrition & Health
監修:Julia Denner,Vera Schwaiger,Lunden Souza,Herwig Natmessnig