dmenu特集

40代の「定番ボーダーが似合わない」おしゃれ迷子続出! アラフォーからの選び方は?

永遠の定番でありながらも、奥深いアイテム「ボーダー」。実は、ピッチの太さや幅・フィット感などで見た目の印象が変わってしまう難しい柄でもあります。

王道カジュアルを極めていたボーダー派さんも、40代になると「ボーダーがなんだか似合わない」「似合うボーダーって? 」と迷宮入りしてしまうという声も。普遍的なものだからこそ、自分に合う太さやサイズ感を追求することが大切です。

※こちらの記事ではモデルさんの年齢問わず、コーデの参考としてスナップを選定しています。

太めボーダーはノースリーブですっきり大人に着こなす

ボーダー幅が太めのデザインは、細いピッチのものよりカジュアルさがアップするため可愛らしい印象に。子どもっぽく見えてしまうこともあるので注意しましょう。スナップのようにノースリーブですっきりさせて、大人っぽいブラウンのワイドパンツを合わせるときれいめな印象に仕上がります。

王道カジュアルのボーダーは色合わせや素材感がポイント

ボーダーにチノパンというカジュアルスタイルの定番。かっこよくキマっている鍵は、色選びにあります。ホワイト地×ネイビーボーダーよりも、「ネイビー地×ホワイトボーダー」や「ネイビー×グリーン」などのように、よりシックな色合わせを選ぶと大人っぽく着こなせます。

さらにブラックのチノパンで引き締めて、スタイリッシュに。王道だからこそ、地厚でしっかりした素材選びもポイントです。

細めのボーダーはレイヤードでミニマムな着こなしを

ボーダーの幅が細く間隔が広いものを1枚で着ると、着膨れして見えてしまうことも。そんなアイテムには、キャミソールワンピースをレイヤードしてみましょう。見える範囲を少なめにしたボーダーが、良いアクセントへと変化してくれますよ。

アラフォーからは体のラインが出過ぎないボーダーをセレクト

毎年変わらないように見えるボーダーアイテムも、実はピッチの幅や首元の開き具合など少しずつトレンドに合わせてアップデートされています。スナップのBEAMS BOY(ビームスボーイ)のボーダートップスは、襟や袖ぐりにホワイトバイアスが施されているところがポイント。また大人世代からは、体のラインを拾いにくい厚手の素材がおすすめです。

トップへ戻る