dmenu特集

カジュアルにもきれいめにも マウンテンパーカー

今回は、一足持っていたらコーディネートの幅がグンと広がる定番スニーカーを男性向けに厳選しました。
どんなアイテムと相性が良いのか、どんな人におすすめなのかなど、スニーカーのタイプ別にご紹介します。

爽やかな白スニーカーで大人の抜け感を演出

「SHIPS(シップス)」のスニーカー

ファッションに明るい方ではなくても一度は聞いたことがあるでしょう。adidas(アディダス)の「Stan Smith(スタンスミス)」。白を基調としたクリーンな印象のスニーカーは、柔らかく上質なタンブル仕上げ(しぼ出し)と呼ばれる加工が施されたレザーで作られています。どんなファッションにも合わせやすいデザインですが、特に普段ダークカラーを着る頻度が高い方なら1足持っておくと使えます。足元に白を取り入れるだけで、抜け感のあるスタイルの完成です。

こちらのスニーカーをチェック!

キレイめにも履きこなせる洗練デザイン

「SENSE OF PLACE(センスオブプレイス) 」のスニーカー

キャメルカラーのソールが目を引く、シンプルで洗練されたデザインの1足。1970〜80年代のドイツ軍でトレーニングシューズとして使われていたスニーカーの復刻版です。クッション性と耐久性に優れたガムソールを採用しているので、足が疲れにくいのが魅力。スポーツテイストを感じるデザインですが、シャツやジャケットスタイルなど、キレイめな着こなしにもハマるスニーカーです。

こちらのスニーカーをチェック!

幅広いシーンで使える黒レザー

「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」のスニーカー

丸みのあるフォルムが特徴のレザースニーカー。イタリア海軍のトレーニングシューズとして採用されていたイタリアントレーナーを再現した一足です。牛革はカジュアルなスニーカーを品よく見せてくれるので、Tシャツ×デニムといったラフな着こなしに合わせても、キレイめに昇華してくれます。革靴のような感覚で使える一足なので、オフィスでのスニーカーコーデに初めて挑戦するという方にもおすすめです。

こちらのスニーカーをチェック!

脱ぎ履き楽チン! キレイめスリッポン

「エポカ ウォモ」のスニーカー

凹凸のあるレザーの質感と、洗練されたフォルムが魅力のスリッポン。仕上げに革靴のような塗りの加工がされているので、落ち着いた重厚感のある雰囲気です。白のソールがアクセントになっているので、オールブラックやダークカラーの着こなしに合わせても、抜け感のある着こなしが楽しめます。また、スリッポンは何より脱ぎ履きが楽チン。スニーカーを履くたびに紐を結ぶのが煩わしいと感じている方に打って付けです。

こちらのスニーカーをチェック!

品のあるネイビーで遊び心を

「CORNERS(コーナーズ)」のスニーカー

ネイビーのレザーが上品なスニーカーは、adidasの「Stan Smith(スタンスミス)」。かかと部分に、ポロ競技や競馬で見られるツートーンカラーのストライプデザインがあしらわれています。きちんとした印象に映るネイビーのスニーカーは、ジャケットスタイルとの相性も抜群。さらに、ネイビーは黒に近い感覚で使えるカラーです。「靴はいつも黒を選びがち」という人は、ネイビーのスニーカーからちょっとした冒険を始めてみてはいかがでしょうか。

こちらのスニーカーをチェック!

意外と万能なカーキスニーカー

「green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)」のスニーカー

なめらかな質感の素材と、ベーシックなデザインが魅力のスニーカー。VANS(ヴァンズ)の人気モデル「OLD SKOOL(オールドスクール)」の新色です。深みのあるカーキのスニーカーは、マンネリしがちな毎日のコーディネートの幅を広げてくれます。モノトーンはもちろんのこと、ネイビーやグレーなど、カーキは意外にも幅広い色合わせを楽しめるカラー。シャツ×シルエットが美しいパンツなど、キレイめなカジュアルにあえて合わせると、旬なバランスの着こなしが完成します。

こちらのスニーカーをチェック!

スニーカーは、デザインや素材、色の印象次第で、オンオフ問わず幅広く活躍する一足を見つけることができます。毎日、ビジネスシューズを履いていると、足もおしゃれも窮屈になりがち。スニーカーでファッションの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

※今回ご紹介した商品はすべて在庫数に限りがございます。完売の場合はご容赦くださいませ。

この記事をシェアする

トップへ戻る