シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

父親の役割を楽しめない人へ。
子育てはタスクのような感覚で

父親コミュニティを運営するNPO法人代表 安藤 哲也
目次
  1. 父親って、何をやるの?
  2. 子育て術を社会に広めたくてNPO設立
  3. 人生を楽しむ父親を増やしたい

人はどのようにして大切にしたい価値観に気づき、人生の軸を見つけるのか。各界で活躍する方の人生ストーリーから紐解きます。今回は、男性の子育て支援を展開するNPO法人「ファザーリング・ジャパン」の代表理事・安藤哲也さんをご紹介。

中学生のとき育児のために休業したジョン・レノンに憧れ、自分も子どもができたらジョンのような父親になろうと決意した安藤さん。しかし実際子どもが生まれると、仕事との両立が難しかったり、オムツ替えなど苦手なことがあったりして、思うようにいきません。そんな安藤さんを変えた出来事とは。お話を伺いました。

1父親って、何をやるの?

父親が働いて家にお金を入れて、母親が専業主婦として家を守る。
昭和の時代によくある家庭構成で育ちました。
父親は仕事ばかりで、僕とはほとんど遊んでくれませんでした。
父親って背中で存在を示すんだなと思っていましたね。

中学生になると、父親が「将来は安定している公務員になるべきだ」「僕の生き方をマネして生きていけばいい」と、しきりに自分の価値観を押しつけるようになりました。
それがプレッシャーとなって拒食症っぽくなり、学校に行けなくなる時期もありました。

父親はお酒を飲むと、常に母親に強い口調で接していましたし、母親がそれに反発して夜中にケンカになることもありました。
僕はそれを聞くのが嫌でした。
父親の暴言や夫婦喧嘩が始まると、自分の部屋でビートルズの曲をかけてヘッドホンで聴くようになりました。
ジョン・レノンが好きで、彼の歌声で現実逃避していましたね。

14歳のとき、ラジオの深夜放送を聞いていたら、ジョンが日本人のオノ・ヨーコと結婚して、まもなく子どもが生まれることを知りました。
ジョンは、子どもが生まれたら休業して育児をすると宣言したんです。
シビれました。
子どものために仕事を休むなんて、すごくカッコいい、こんな人が僕の父親だったらいいのにと思いました。
将来、結婚して子どもができたときは、子どもとの時間をたくさん取るジョンみたいな父親になろうと思いましたね。

30歳のときに交際を始めた女性と同棲していたある日、些細なことがきっかけでケンカをしました。
このとき、つい強い口調で彼女を責めてしまったんです。
その瞬間、父親が母親にしていたことを自分もしてしまったと気づきました。
これじゃあ父親と同じじゃないか。

父親のようにはなるまいと思っていたのに、本当にショックでした。
二度とこんなことはしないと固く誓いました。

彼女が妊娠したのをきっかけに結婚しました。
35歳でした。
そろそろ僕も父親になるから、準備をしておかないとと思ったのですが、僕は父親との思い出が自転車を押してくれたことやキャッチボールくらいしかないので、何をすればいいのか見当もつかなかったんです。
さすがにまずいと、男性育児の本を読んだり、出産や子育て準備のための両親学級に足を運びました。
妊婦体験や人形を使った沐浴体験をして、子育ては大変だなと感じました。

妻は里帰り出産をしました。
娘が生まれてから、平日に仕事をして金曜の夜に妻の実家へ行き、赤ちゃんと過ごし、日曜日の夜に帰宅する生活が続きました。
ある日曜日の夜、帰ってきて誰もいない家の中で一人でのり弁当を食べていたとき、部屋にあるベビーベッドが目に入りました。
その瞬間、ジョン・レノンが育児宣言をした14歳の頃の記憶がよみがえりました。
「一体俺は何をやっているだろう。ジョンは一時、仕事を辞めて家族と同じ時間を過ごしていた。僕はジョンみたいな父親になるんじゃなかったのか!」と。
休職を検討しました。
しかしそれは難しい状況だったので、まずはできることをやろうと、娘にご飯をあげたり、お風呂に入れたり、夜寝かしつけたりと育児に励みました。

次は
2. 子育て術を社会に広めたくてNPO設立
1 2 3
シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

マイマガジン

旬な情報をお届け!随時、新規ジャンル拡充中!