シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

やりたいことがなくてもいい。
自分を必要とする人の期待に応え続ければ

組織活性化コンサルタント 前川 由希子
目次
  1. もっと私を褒めて!
  2. 練習→成果→褒められるのスパイラル
  3. 私を必要とする人の期待に応えたい!

人はどのようにして大切にしたい価値観に気づき、人生の軸を見つけるのか。各界で活躍する方の人生ストーリーから紐解きます。今回は、組織活性化コンサルタントの前川由希子さんをご紹介。

会社員、司会業、企業研修の講師と多種多様な仕事を経験してきた前川さん。やりたいことを決めず、自分を必要とする人の期待に応えることだったらなんでもやるのだと語ります。なぜその考えに至ったのか。お話を伺いました。

1もっと私を褒めて!

福岡県の生まれです。
2歳下の妹がいて、母親からは「お姉ちゃんなんだから」と小さいときから厳しくしつけられました。
冷蔵庫を開けるときは「開けてもいいですか?」と聞く、朝起きたら掃除をするなど、家にはいろいろなルールがあって、守れないと叱られました。
やりたいことができなくて自由がない、母親が怖いと思っていましたね。
母親としては、長女に対する私への期待があったんだと思います。

私は褒められないと存在意義がない、結果を出さないといけないと思っていましたね。

母親の期待に応えるために、何事も一生懸命頑張っていました。
「もっと私を褒めて!」とずっと思っていました。

でも、母親は完璧主義でなかなか褒めてくれませんでした。
テストでクラス3番目の点数だったのに「なんで1番になれなかったの?」と言われたりもしました。

小学1年生のときにピアノを始めました。
ピアニストになって世界中で演奏したいと思っていて、文集には「東京の音楽大学に入ってピアニストになる」と書いていました。
学校では、ピアノのためにバスケットボールやバレーボールなど突き指の危険がある球技はしませんでした。
遠足などの行事もピアノを練習するためにキャンセルしていたし、家族で旅行に行くときはピアノのある宿泊先を選んでいました。
小学校と中学校は、学校とピアノ練習以外の記憶がないほどです。

高校は200年以上の伝統がある県内の進学校に入りました。
校則や生徒手帳がない自由な校風で、部活に入る義務もなかったので、学校生活をそつなくこなしてピアノに集中しようと思っていました。

学校生活はとても楽しいものでした。
毎年春の文化祭と秋の運動会の準備がすごくて、生徒たちが自主的にやりたいことを、知恵を絞って試行錯誤しながら作り上げていくんです。
一人で演奏して自分の表現を磨くピアノと違い、みんなで何かを作り上げていく経験をして、人には個性があるんだ、一人じゃない世界って楽しいんだと思いました。

帰りが遅くなってもピアノの練習は毎日続けていました。
でも、高校3年生の夏、ふと「私はピアノの先生にはなれるかもしれないけど、きっとピアニストにはなれない。聞く人を魅了できない。才能が足りない」と思ったんです。
誰に何を言われたわけでもなく、はっと気づいたんです。
不思議な感覚でしたが、自分の中から湧き出る気持ちだったので、すがすがしかったですね。

次は
2. 練習→成果→褒められるのスパイラル
1 2 3
シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

マイマガジン

旬な情報をお届け!随時、新規ジャンル拡充中!