シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

ずっと自分に自信が持てなかった。
殻を破り、介護福祉士兼モデルになったきっかけとは

介護福祉士・モデル 上条 百里奈
目次
  1. 私を受け入れてくれたおじいちゃん・おばあちゃん
  2. モデルであることは介護に活きる!
  3. 100歳まで楽しく生きる人を増やしたい

人はどのようにして大切にしたい価値観に気づき、人生の軸を見つけるのか。各界で活躍する方の人生ストーリーから紐解きます。今回は、介護福祉士・モデルとして活動する上条百里奈さんをご紹介。

中学生のとき職場体験学習で老人保健施設に行き、おじいちゃん・おばあちゃんの無条件の優しさに触れた上条さん。介護福祉士としてキャリアを重ね、現在は介護福祉士・モデル・研究生とさまざまな方面からのアプローチで介護現場の改善に取り組んでいます。そんな上条さんの思いとは。お話を伺いました。

1私を受け入れてくれたおじいちゃん・おばあちゃん

私は内気で物静かで、よく人見知りをする子どもでした。
人前に立つのは得意ではなく、学校の授業では一度も手を上げませんでした。
人見知りだからだと思っていたのですが、今思えば、単に自信がなかったのだと思います。

物心ついたときから看護師に憧れていて、マザー・テレサやナイチンゲールに関する本を読みあさっていました。
将来は命を助ける仕事がしたいと思っていました。

小学5年生のとき、母方の祖父が亡くなりました。
とても悲しかった上に、あまりいい死に方ではなかったので、残された家族はしばらく祖父の話題を避けていたほどでした。
人がどう死ぬかによって、あとに残された家族の生き方にこれほど影響するのかと思いました。
このときから、ちゃんと生きるのも大事だけれど、ちゃんと死ぬのも大事だなと思うようになりました。

中学2年生のとき、学校で2日間の職場体験授業がありました。
看護師に憧れていたので、病院に行きたかったのですが、人気だったので枠が埋まってしまい、第2希望だった老人保健施設に決まりました。

施設に足を運ぶと、認知症で介護が必要なおじいちゃん・おばあちゃんが大勢いました。
自分の身近にこんな人たちがいたんだと衝撃を受けました。
同じ町に住んでいるのに「なぜ、今まで出会わなかったのか」と不思議に思いました。

施設ではオムツ替えやお風呂の介助、食事介助の手伝いをしました。
見ず知らずの私を利用者さんたちは笑顔で受け入れてくれました。
それだけでなく、うまくできず、決して役に立っているとは言えない私に「ありがとね」とか「お茶でも飲んで休んでいきなさい」と、とても優しくしてくれたんです。
高齢者ってカッコいい。
普通なら怒るような場面でも感謝を忘れない、その姿に感動しましたね。

利用者さんの力になろうと必死でした。
自分が何かのために必死になれることがうれしかったです。

職場体験期間が終わった後もボランティアとして施設に通うようになり、介護への思いが強くなっていきました。

高校は介護の勉強ができるところを選びました。
施設や特別支援学校でのボランティアは続けていましたが、周りの人には言えずにいました。
いい人ぶっているとか、変人とか思われ、否定されるのが怖かったんです。

高校卒業後は短大へ進学し、介護福祉士の資格を取得。
卒業後は地元・長野県の老人保健施設に就職しました。
念願だった介護の仕事にようやく就けました。

次は
2. モデルであることは介護に活きる!
1 2 3
シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

マイマガジン

旬な情報をお届け!随時、新規ジャンル拡充中!