シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

引退してもあなたの価値はなくならない
元マラソン日本代表が挑むセカンドキャリア作り

元マラソン日本代表 加納 由理
目次
  1. 走ることに全てを捧げた10代
  2. 憧れのオリンピック出場を目指して
  3. 現役引退後のセカンドキャリアの道しるべを

人はどのようにして大切にしたい価値観に気づき、人生の軸を見つけるのか。各界で活躍する方の人生ストーリーから紐解きます。今回は、元マラソン日本代表の加納由理さんをご紹介。

子どものときから走るのが得意だった加納さんは、陸上トラック競技や駅伝で無類の強さを誇り、マラソン転向後には好成績を残しました。しかし、念願だったオリンピック出場がかなわず、35歳で引退。セカンドキャリアの形成に悩んだと言います。加納さんにお話を伺いました。

1走ることに全てを捧げた10代

子供の頃は「おてんば娘」と言われていました。
七五三のときには、着物を着付けしてもらったのに遊びたいのが我慢できず、着物のまま自転車で遊びに行ったこともありましたね。

走ることが好きで得意な子どもでした。
5歳年上の兄も陸上競技をやっていたので競技会を見に行ったり、テレビでマラソン大会の中継を見たりして、陸上をやるのも見るもの楽しいと思うようになりました。
小学生のマラソン大会に出場するようになり、市の大会や県の大会で優勝を重ねました。
小学5年生のときにはトラック競技も始め、13歳のときには全国大会に出場するようになりました。

中学2年生になった頃、陸上部の顧問の先生が転勤してしまい、独学で走りの練習をすることになりましたが、独学での練習も楽しく、上位の成績を残すことができました。
自分で決めた目標に対して向かっていくことが楽しかったですね。

高校は陸上の強豪校に特待生として入学しました。
中学までは楽しかった陸上競技が、高校からはルーティンの日々で楽しくなくなっていきました。
朝4時半に起きて、5時半の電車に乗って練習に行き、授業が終わった後も夜遅くまで練習。
帰宅するのは夜8時過ぎという毎日が続きました。

練習のメニューも決まっていて管理が厳しく、「○○でなければならない」という選手像が決められているような感じでした。
中学生のときは独学で練習をして結果を出していたので、他人からメニューを指示されるのがしんどかったですね。
入学当初はこの環境に慣れず、思うように結果が出せませんでした。
でも、負けず嫌いな性格だったので、練習をなあなあにするつもりはありませんでした。

練習に打ち込むために、笑うことをやめました。
練習以外で自分のエネルギーを使いたくなかったからです。
陸上部や自分のクラスで笑うことはありましたが、他の部活やクラスの人に笑うことはありませんでした。
それだけ練習に集中したかったんです。
練習の甲斐あって、高校3年生のときには都道府県対抗女子駅伝で区間賞を獲得できました。

次は
2. 憧れのオリンピック出場を目指して
1 2 3
シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

マイマガジン

旬な情報をお届け!随時、新規ジャンル拡充中!