シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

定年退職→経済コラムニスト
元企業戦士がサラリーマンにエール

経済コラムニスト 大江 英樹
目次
  1. 定年後、やりがいを探して起業
  2. 私を必要としてくれるうれしさ
  3. 定年退職後は謙虚に学ぶ姿勢を

人はどのようにして大切にしたい価値観に気づき、人生の軸を見つけるのか。各界で活躍する方の人生ストーリーから紐解きます。今回は、経済コラムニストの大江英樹さんをご紹介。

大手証券会社を定年退職後、独立した大江さんですが、退職前は独立するつもりはなかったといいます。文章を書くのも苦手だった大江さんが、経済コラムニストになった理由や、独立してから大切にしている考えなどを伺いました。

1定年後、やりがいを探して起業

大手証券会社で仕事をしていましたが、60歳の定年退職が見え始めた頃、定年後の次のライフプランを考え始めました。
それまでずっと「企業戦士」としてハードな仕事を続けていたので、仕事を辞めたらのんびりと映画やコンサートに行って第2の人生を楽しもうと思っていたのです。

でも、引退したいと思う一方で、のんびりした時間は仕事をしているからこそ楽しめるのではと思い始めました。
そんなとき、会社に再雇用制度が出来て65歳までは働けるようになったので、再雇用制度でしばらく働いてみようと思いました。
ただ、再雇用制度での仕事は、定年前の仕事と比べて責任も権限も縮小されます。
果たして、それでやりがいが持てるのかという不安はありましたね。

不安を抱えながら定年を迎え、再雇用制度で仕事を始めたものの、予想通り仕事はあまり面白くありませんでした。
もっとやりがいのある仕事を作ろうと、会社を半年で辞め、2012年9月に独立して会社を設立したのです。

一番やりたいことを仕事にしようと、準備したのが投資教育ビジネスでした。
定年前10年ほど年金に関する投資教育業務などを行っていたので、これを仕事にしようと思ったんです。

ところが仕事の依頼は全くありませんでした。
それまでは大手証券会社の社員として仕事をしていましたが、個人で仕事をしたことはなく営業活動もほとんどしていなかったので、仕事に繋がるきっかけがなかったんです。

どうすれば自分のことをもっと知ってもらえるのか、考えた末に出した結論は、本を出版することでした。
自分の出来ることや考えを書いて出版すれば、私の能力や専門性をすぐに理解してくれると思ったからです。
とはいえ、世間には私の名前は知られていないので、簡単にはいきません。
企画書を持って出版社数社を回りましたが、いずれも門前払いでしたね。

本を出したいといろんな人に言い続けていたある日、小さな出版社の人が相談に乗ってくれました。
私は会社員時代に企業内広報誌で投資に関するコラムを連載していて、そのときの編集担当の人が転職して、出版社に勤めていたんです。

本を出したい旨を相談したところ、出版する部数の半数を著者が買い取ってくれるならいいということでした。
出版部数は1,500部、その半分、金額にして約75万円を私が負担しました。
この金額が高いか安いかは人によるでしょうが、私は名刺の印刷代だと思えば安いものだと思い、その条件で出版することにしたんです。

次は
2. 私を必要としてくれるうれしさ
1 2 3
シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

マイマガジン

旬な情報をお届け!随時、新規ジャンル拡充中!