シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

無人島生活も世界一周旅行も起業も「ちょっとやってみた」私の生き方

フリーランスのエンジニア・クリエイター 小田 貴志
目次
  1. 挑戦の素晴らしさ、冒険の楽しさを海外登山で体感
  2. 挑戦して好きなことをして生きたい
  3. 失敗を次の発見を見つける手段に

人はどのようにして大切にしたい価値観に気づき、人生の軸を見つけるのか。各界で活躍する方の人生ストーリーから紐解きます。今回は北海道でフリーランスのエンジニア・クリエイターとして活動する小田貴志さんをご紹介。

中学生のときに自転車で九州縦断、学生時代には海外登山、社会人になってからは世界一周旅行と、挑戦と冒険の人生を歩んできた小田さん。どんな価値観を持って人生を選択してきたのか。お話を伺いました。

1挑戦の素晴らしさ、冒険の楽しさを海外登山で体感

子どもの頃はあまり裕福な家庭ではなかったので、友達が持っているようなおもちゃを買ってもらえませんでした。
父親が解体業をしていて廃材はいくらでもあったので、それを利用して自分でおもちゃを作るような子どもでしたね。

アウトドア派で趣味が山登りの父親の影響で、子どもの頃から新しい場所に行くのが好きでした。
小学生の時、日本各地を自転車で旅している青年をテレビで見て憧れました。
中学校の夏休みに、部活を休んで地元の福岡県の拠点にして自転車で九州を縦断。
この頃から、世界一周旅行をしたいと考えるようになりましたね。

大学生になって行動の幅が広がり、自転車での日本一周旅行も成し遂げ、バックパッカーとして世界各地を回るようになりました。
海外登山にも挑戦しました。
最初は案内人を伴って、ネパールの6,000メートル級の山にチャレンジしましたが、登頂できず失敗に終わりました。
登頂の夢を諦めきれず、今度は北米最高のデナリ(旧名称・マッキンリー)の単独登頂に挑みました。
この時は準備をきちんとしようと思い、大学を休学してバイトをして貯金して、体力をつけるために筋力トレーニングをして山に挑みました。

山を登っている途中、天候の悪さもあって死にかける経験もしました。
登っている時に登山者の亡骸を見たとき、自分はこうなるまいと死に物狂いで登りましたね。
結果、登頂は成功。
挑戦することの素晴らしさ、冒険の楽しさを身をもって体感しましたね。

夏の無人島でのサバイバルにも挑戦しました。
ほとんど荷物を持参せず、ナイフとライターを使っての生活でしたが、あまりの暑さや食料の確保の難しさに、3日で断念しました。

悔しかったので、今度は友人と別の無人島での生活に挑戦しました。
アリを食べたり、タンポポを食べたりしながら、洞窟に住んでいました。
かつて人が住んでいた島だったので、現地の人が置いていった野生のヤギを捕まえて食べたこともありました。
飲み水を確保するために、雨水を濾過する仕組みも作りました。
結局、この島では9日間生活することができました。
辛かったですが、無人島で生活するための試行錯誤をする経験はとても楽しかったですね。

卒業後はNHKに入局し、釧路放送局に配属されました。
仕事は楽しかったですが、働く目的は世界一周するためのお金を貯めることでした。
お金を貯めたら仕事を辞めて世界一周すると、お付き合いしている女性と約束していたんです。
4年勤めた後、2016年3月に退局し、約束通り世界一周旅行に旅立ちました。
この間に結婚もしました。

次は
2. 挑戦して好きなことをして生きたい
1 2 3
シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

マイマガジン

旬な情報をお届け!随時、新規ジャンル拡充中!