シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

公務員は最強のツール 持続可能なまちづくりを神戸から世界へ

神戸市役所職員 秋田 大介
目次
  1. 科学雑誌で目覚めた地球環境への興味
  2. 公務員としての財産 面白い市民とのつながり
  3. 持続可能なまちづくりのために全力で生き抜く

人はどのようにして大切にしたい価値観に気づき、人生の軸を見つけるのか。各界で活躍する方の人生ストーリーから紐解きます。今回は神戸市の職員で、神戸のまちづくりに携わる秋田大介さんをご紹介。

中学生の時に科学雑誌を読んで地球環境に興味を持ち、その後、持続可能なまちづくりを目指して神戸市の職員になった秋田さん。公務員は理想のまちづくりのツールだと語ります。秋田さんの思いとは。お話を伺いました。

1科学雑誌で目覚めた地球環境への興味

子どもの頃は体が弱く、アトピーやぜん息を患っていました。
小さい頃から科学が好きで、雑誌「ニュートン」を愛読していました。
中学2年生のとき、ニュートンの「地球が危ない」という特集を読んだとき、将来結婚して子どもをつくるのはイヤだなと直感的に思いました。

また同じ雑誌の別の特集号で「未来を救う水素エネルギー」という記事が掲載されていて、それを読んで水素循環社会に可能性を感じるようになりました。
それ以来、地球環境に興味を持ち、環境を守る人になりたいと思うようになりました。
高校の理数選抜コースの受験では「地球と私」という小論文を提出し、面接では「科学者になってオゾンホールを埋めたい」と言いました。
熱意が通じたのか見事高校に合格、大学も環境工学があるところに進みたくて一浪して入学しました。

大学院も環境工学を専攻し、環境問題に関わる仕事がしたいと思っていました。
就職の時期になって、3つの選択肢で悩みました。
環境省の官僚、人口が多い自治体の職員、環境コンサルタントです。
当時は、環境問題をビジネスで解決するという考え方は浸透してなかったので、環境コンサルタントはやめました。
環境省は環境問題には取り組めるかもしれませんが、具体的に政策を実行する仕事がしたいと思い、環境問題に取り組めそうな自治体を探すことにしました。

いくつか自治体を探す中で、兵庫県神戸市が見つかりました。
開港都市で発信力があって、震災復興の最中でしたが、新しいことを取り入れてくれそうなイメージがあって、自分に合っているなと思ったんです。
地元の兵庫県高砂市から近く、土地勘もあったので試験を受けて神戸市の職員になりました。

最初の配属先は街路整備の担当でした。
街路整備は、車を通りやすくするよう道路を整備する計画を練る業務です。
与えられた仕事はきちんとこなしましたが、自分の主張はハッキリ述べるタイプなので、度々上司とぶつかったこともありました。

環境問題の大きな要因が車社会にあると思っていた私は、上司に「車のための道路は要らないのでは」と提案したこともありました。
しかし、こうした意見は当然のごとく受け入れてもらえず、役所の中で一人で闘っているような状態が続きましたね。

次は
2. 公務員としての財産 面白い市民とのつながり
1 2 3
シェアする
Twitterでシェア Facebookでシェア

マイマガジン

旬な情報をお届け!随時、新規ジャンル拡充中!