ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。
個人が2,000円を超える寄附を行ったときに
住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。

2015年4月1日より、個人が2,000円を超える寄附を行ったときに、
確定申告をすると住民税のおよそ2割程度が所得税から還付、
住民税から控除されるようになりました。

また、確定申告が不要な給与所得者等に限り、確定申告の代わりとなる
「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄附先自治体へ
提出することで、住民税のおよそ2割程度が住民税から控除されます。

つまり、実質今収めている県民税・市民税の一部を
任意の自治体へ移転する事になります。
※課税所得に応じて自己負担金は2,000円以上になる場合があります。

自分の寄付金控除のシミュレーションはこちら

確定申告が不要に!

2015年4月1日より税制改正が行われました!大きく変更になった点は2点です。

1)控除額が2倍に!
住民税のおよそ1割程度だった還付、控除額が2割程度に拡大しました。

2)確定申告が不要に!
年間に5自治体までの寄附であれば、寄附ごとに申請書を寄附自治体に郵送することで確定申告が不要となります。

税制改正によるワンストップ
特例制度について

こんなにお得! STEP1 山中さんが寄付した場合 (例) 2016年1月1日〜12月31日に5つの自治体に65,000円寄付 給与収入:600万円 世帯:夫婦 配偶者:主婦 職業:サラリーマン ←¥10,000→A町 ←¥10,000→B市 ←¥10,000→C市 ←¥10,000→D村 ←¥10,000→E県
↓
STEP2 確定申告をする 税務署に行って確定申告をする※5自治体までなら確定申告不要 パソコンから入力後、印刷して郵送で確定申告することもできます 確定申告書→税務署
↓
STEP3 63,000円が還付・控除されます 3月〜4月にかけて還付・控除されます 約6,400円 税務署 所得税控除額が山中さんの銀行口座など確定申告時に指定した口座に振り込まれます 約56,700円 各市町村 山中さんの会社 山中さんに年間の住民税通知が送られ、その通知から控除されます

※端数は四捨五入しているため、誤差があることをご了承ください。
※その他控除額等によって、変動致しますのでご注意ください。

↓
STEP4 65,000円 寄付金 - 約63,000円 還付金 約6,400円 控除額 約56,700円 3月~4月にかけて還付・控除されます = 約2,000円 負担金額 実質約2,000円の負担で商品がもらえた! 給与収入:600万円 世帯:夫婦 配偶者:主婦 職業:サラリーマン

※この例では約2,000円ですが、年収、寄付金額、家族構成、その他控除額等によって、自己負担額や税の軽減額は変動します。

自分の寄付金控除のシミュレーションはこちら

ふるさと納税とは?

  • ふるさと納税とは? +開くふるさと納税とは? -閉じる

    ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。
    個人が2,000円を超える寄附を行ったときに
    住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。

    2015年4月1日より、個人が2,000円を超える寄附を行ったときに、
    確定申告をすると住民税のおよそ2割程度が所得税から還付、
    住民税から控除されるようになりました。

    また、確定申告が不要な給与所得者等に限り、確定申告の代わりとなる
    「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を寄附先自治体へ
    提出することで、住民税のおよそ2割程度が住民税から控除されます。

    つまり、実質今収めている県民税・市民税の一部を
    任意の自治体へ移転する事になります。
    ※課税所得に応じて自己負担金は2,000円以上になる場合があります。

    自分の寄付金控除の
    シミュレーションはこちら

  • 確定申告が不要に! +開く確定申告が不要に! -閉じる

    2015年4月1日より税制改正が行われました!大きく変更になった点は2点です。

    1)控除額が2倍に!
    住民税のおよそ1割程度だった還付、控除額が2割程度に拡大しました。

    2)確定申告が不要に!
    年間に5自治体までの寄附であれば、寄附ごとに申請書を寄附自治体に郵送することで確定申告が不要となります。

    税制改正によるワンストップ
    特例制度について

  • こんなにお得! +開くこんなにお得! -閉じる
    こんなにお得! STEP1 山中さんが寄付した場合 (例) 2016年1月1日〜12月31日に5つの自治体に65,000円寄付 給与収入:600万円 世帯:夫婦 配偶者:主婦 職業:サラリーマン ←¥10,000→A町 ←¥10,000→B市 ←¥10,000→C市 ←¥10,000→D村 ←¥10,000→E県
    ↓
    STEP2 確定申告をする 税務署に行って確定申告をする※5自治体までなら確定申告不要 パソコンから入力後、印刷して郵送で確定申告することもできます 確定申告書→税務署
    ↓
    STEP3 63,000円が還付・控除されます 3月〜4月にかけて還付・控除されます 約6,400円 税務署 所得税控除額が山中さんの銀行口座など確定申告時に指定した口座に振り込まれます 約56,700円 各市町村 山中さんの会社 山中さんに年間の住民税通知が送られ、その通知から控除されます

    ※端数は四捨五入しているため、
    誤差があることをご了承ください。

    ※その他控除額等によって、
    変動致しますのでご注意ください。

    ↓
    STEP4 65,000円 寄付金 - 約63,000円 還付金 約6,400円 控除額 約56,700円 3月~4月にかけて還付・控除されます = 約2,000円 負担金額 実質約2,000円の負担で商品がもらえた! 給与収入:600万円 世帯:夫婦 配偶者:主婦 職業:サラリーマン

    ※この例では約2,000円ですが、年収、
    寄付金額、家族構成、その他控除額等によって、
    自己負担額や税の軽減額は変動します。