心も体もホットでいたい!冷えない女に私はなりたい

1/25は、1902年に北海道旭川市で日本の公式最低気温マイナス41度を記録した「日本最低気温の日」。1年で一番寒い時期を迎えたこの季節、改めて女性の体を冷やさないコツを学びなおし、厳しい冬を乗り切りたい。心と体のメンテナンスサロンを主宰するセラピスト・竹下康代さんに、バラ色の頬を持つ"冷えない女"に変身する方法を伝授してもらいましょう!

1

体を温める食材で内側からポッ!

体を温める食材で内側からポッ!

「あなたの体は、あなたが食べたものでできている」という事実を肝に銘じて。冷えない体も、ツヤツヤの肌や髪も、食べ物を変えれば手に入るはずです。精製された砂糖などの白い食材は、体を冷やすので要注意。週に1〜2回の玄米食は腸を掃除し、栄養の吸収&血行改善が見込めますよ、と竹下さん。

バランスを考えた健康食レシピが満載

2

お腹のつぼを侮るなかれ

お腹のつぼを侮るなかれ

冷えの解消には血流改善がとにかく大事。手軽で効果的なのが「つぼ押し」です。冷えで凝るのは肩や腰だけではありません。実は「お腹」が盲点!ストレスやパソコン作業で前かがみの姿勢が続いている人は、みぞおちにあるつぼを押してみて。すぐにカーッと体が温まっていくのを実感できるはず、と竹下さん。

一押しでポカポカ大作戦!

3

半身浴で芯から温める習慣を

半身浴で芯から温める習慣を

冷え解消には効果的な半身浴ですが、毎日は難しい場合も多いですよね。そんな時には熱いシャワーをリンパが集まる鎖骨の内側や首のうしろ、ひざの裏に1〜3分あててみて。入浴する場合、入浴剤は必ず入れること。飲み残した赤ワインを入れると、ポリフェノールで肌がつるつるになるのでオススメですよ、と竹下さん。

お風呂タイムを楽しむなら…

4

心と体の"冷え"は連動する!?

心と体の"冷え"は連動する!?

心が冷えていると体も冷えます!心と体はつながっているんですね。ストレスを感じると脳の指令を伝達するシナプスの数が減少し、内臓機能が低下することに。その結果、血管が収縮して体温低下を引き起こします。また、冷えるとイライラのホルモンや老いを助長する活性酸素も大量発生。ストレスは天敵です、と竹下さん。

たまには日常を忘れて心から温めて